家に住む前に思うこと、住んだ後に思うことは違う

現在、賃貸アパートに住んでいます。
今住んでいる場所は、ご縁があってこちらに来ました。以前住んでいた家は、一軒家をルームシェアしていました。大家さんに当たる人がかなり個性的で、夫婦げんかが絶えず、共同スペースの掃除など住人の義務が多い割には家賃が高い。特に大音量の夫婦ケンカの時など壁がペラペラなので、衝撃が伝わってきて安心して眠れません。ちょうど転職活動中で正社員の仕事が決まって収入が安定したので、引っ越しました。

とりあえず何のつてもないので、まずはインターネットで家賃の金額と、勤め先まで片道1時間程度という条件で探してみました。それまでフリーターでしたので、家賃の支払いが一番心配で、できる限り安い物件を求めました。築年数などはどうでもよく、むしろ昭和の匂いがするような古いアパートの雰囲気が好きなので、探すのは比較的楽でした。
インターネットで見た物件を扱っている不動産屋さんに行き、相談したところ、もっと広くて駅からも近い物件が同じような家賃でありましたのでそこに決めました。和室でお風呂とトイレが別というのも魅力でした。田舎の実家で暮らしていた時に、うちは古い農家でしたのでトイレが汲み取り式でした。今は水洗になりましたが、どうしても風呂とトイレが一緒にあると、臭ってきそうな気がして嫌なのです。
会社まで片道1時間程度で行けるので、便利だと思い、そこにしようとしました。しかし建物を所有している人の都合でそこに決める事ができなくなり、しかたなく別の物件にしました。希望していた物件から歩いて3分程度の近くにある別の物件は、家賃は同じでしたが、ぐっと狭かったし、風呂トイレが一緒になっているタイプ。良いところは最初の物件よりも、非常に日当たりが良く、建物が新しくて頑丈。一番上の階に大家さんも住んでいます。それ以上探すのも面倒くさくなってきて、広さは諦めて入居を決めました。

家賃はひと月4万9千円。(共益費込み)。広さは15平米。ワンルームで、風呂とトイレが一緒。小さな流しがあり、他にベランダが割と広くついているくらいです。正直、あまり期待はしていませんでした。まあ、とりあえずご縁があったということにして、自分を納得させました。

住んでみてわかった事は、日当たりの健康効果。以前、1階に住んでいた時は寒くて、じめじめしていて、虫も入ってくるし、日陰で洗濯物も乾きにくく、なかなか大変でした。今は3階で冬場もしっかり日があたります。温まりやすいので夏場は大変ですが、おかげで持病のリウマチもだいぶよくなりました。冷え体質なので、これは非常にありがたいです。虫に関しては3階なので、蚊はまだまだ入ってきますが、さすがにバッタとかはいません。
また、狭いので物がおけませんから、頭を使って買い物をします。無駄遣いが少なくなりました。図らずも断捨離に成功してしまいました。
上の階に大家さんがいるのも、やはり安心で、以前、家賃の支払い金額を間違った時などすぐに対応してくださいました。また、このアパートは網戸がついていなかったので、相談したところ網戸をつけてくださいました。一人暮らしなので、何かあった時に、周囲に誰かいるというのは心強いです。
ただ、大家さんが選挙活動などを支援していらっしゃるらしく、選挙前になると大家さんから「@@さんをよろしく」と言われます。大人の対応で、問題を起こさないように上手くやっています。「いつも投票しています」と言っているので、最近はわざわざ言ってこなくなりました。まあ、こういう近所づきあいのあれこれは、実際に入ってみないとわからないですが。うちは比較的住んでいる人も静かな人が多く、何もない平和なところで安心です。

フリーターなど所得が不安定だと、不動産屋で門前払いをくらうこともありました。
所得が安定していないとそもそも借りられる物件を選べませんので困ります。また、問題のある入居者があることなどは、事前にわからないので、過去に何か住民同士でトラブルがあったり、しつこい勧誘に辟易した経験のある方は、事前に不動産屋さんに聞くといいでしょう。私は過去に、かなりクレイジーな入居者が怒鳴ったり叫んだりしている階の真下に住んでいた事がありますが、こういう場合は「触らぬ神にたたりなし」です。その人の行動パターンを分析して、合わないようにする以外、対策のしようがありませんでした。

大家さんが同じ建物に住んでいると、何買ったら(例えば水回りのトラブルや設備の故障など)すぐに相談できます。また急に建物を取り壊すということもないと思います。大家さん自身が住んでいるので、自宅は頑丈に安全に作ると思いますし、万が一、取り壊しや建て替えなどの場合は、普通は事前に連絡が来るはずです。うちは比較的大家さんがまめな人なので、何かあると各部屋にメモでお知らせしてくださいます。大家さんと同じ建物に住む場合は、お互いの立場を理解して、そこそこのお付き合いをしていると問題なく快適に暮らせると思います。

実家の処分を考えているなら